夏といったらアナゴの夜釣り | フィッシングトラベラー

夏といったらアナゴの夜釣り

私の地元の宮城では、夏の夜釣りが人気です。

スズキをはじめ、メバル・イシモチ・コチそしてアナゴが主に釣れます。

中でもちょっと面白いのがアナゴ釣りです。

基本的な投げ釣りで、仕掛けは天秤と錘にケミホタルを用います。餌は塩サンマまたはイソメを使用し、ハリスは少し短めに調整するのが私流の作り方です。

アナゴがかかると、にょろにょろと暴れ仕掛けが絡まってしまうので、予め4、5セット作っておくのもポイントです。

人気が高い釣り場は、塩釜漁港・七ヶ浜の花渕漁港・仙台新港・閖上です。

特に閖上には多くの釣り人が訪れていますが、震災の影響で近くに明かりがないので、訪れる際には充分注意が必要です。

また、内湾ではなく外海に面している防波堤が一番人気なのですが、波が高いので必ず装備を万全にした状態で行くように気を付けなければなりません。仙台新港も同様です。

他の釣り場は漁港なので比較的穏やかな事が多いので、投げ釣りではなくウキ釣りでもアナゴを狙うことが可能です。

夏休みでファミリー向けの夜釣りですとこちらがおすすめですが、サイズ的にはやや小ぶりになります。

型の良いアナゴが釣れることももちろんありますので、蒲焼きにしてもよし、白焼きや湯引きにしてもよしで、釣りを楽しみつつスタミナをつけるアナゴ料理も堪能できて最高です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする