釣った魚の釣り場での保管方法について | フィッシングトラベラー

釣った魚の釣り場での保管方法について

釣りに行くときは皆さんクーラーボックスを持って行っていると思います。

私の経験からおいしく食べる為の釣り場での保管方法をお教えします。対象は海釣りです。

まず防波堤などの小物釣りですが、クーラーボックスに氷を沢山入れておきます。大きな塊ではなく粉砕状態がいいです。

その中に海水を入れます。そして釣った魚を海水の氷水に入れます。

すると冷水シメの状態で鮮度が長持ちし3日~4日は大丈夫です。注意点は氷がなくならないようにすることです。

次に刺身で食べる魚の場合です。

青物のアジなどはエラのところをシメて血抜きをし先ほどの氷水がベストです。

磯魚は、スカリで生かしておける場所なら帰るまで生かしておき、帰り際にシメて血抜きをします。

この場合は粉砕した氷を下にしき魚を上に置きます。

帰っても身は活状態です。ゴリゴリの刺身が食べれます。

スカリなどで生かしておけない場合は、シメて血抜き後、先ほどの下氷の上に置きます。

実は磯魚は氷水に入れると身が水っぽくなってしまいます。

要約すると小さい魚はシメずに氷水です。大き目の魚はシメて下氷です。

最後にサバを釣って刺身で食べる人が多くいますが、サバは生き腐れといって、シメてもあたる場合があります。

基本的に釣ったサバは刺身はやめたほうがいいです。

どうしても食べたいという場合は、釣った瞬間頭の後ろに包丁をいれ骨を折るように血抜きをします。

そして海水で血を綺麗に洗って、海水の氷水に入れればOKです。

この時の注意点は、氷水が血で濁る場合は血抜き不足ですのでやり直してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする