日本独自の釣法 アユの友釣りとは | フィッシングトラベラー

日本独自の釣法 アユの友釣りとは

アユ釣りと言えば友釣り。この釣法はアユが縄張りを持つ習性を利用して釣る日本独自の釣り方です。

オトリのアユを泳がせて送り込むと猛然とオトリのアユに襲い掛かり仕掛けたハリにかかるという寸法です。

・友釣りの仕掛け
友釣りの人気は根強く釣り人口が多いので、ポイントが遠くなりがちです。

さらになるべく立ち込む事なく釣りたい事を考えると、竿は9mから10m級の長い竿が必要になります。

最初の1本には初心者でもオトリアユをコントロールしやすい中硬調の竿を選択すると良いでしょう。

・仕掛け
仕掛け、こと掛けバリには各種ありますが、迷わないでも大丈夫。入門者には目印はセルの矢羽根型、鼻カンは自在型、掛けバリは3本イカリがいいでしょう。

オトリの鼻カン操作は楽ですし、3本イカリはかかりも良く、根がかりも少ないです。

・ポイント
荒瀬に立ちこんでアユを釣る姿はかっこよく見えますが、初心者がするのは控えた方が良いです。

最初は比較的なだらかな瀬でオトリを自在に扱えるように練習しましょう。

ベテランがせめないポイントにもアユはいます。ちなみにアユの代表的な釣り方は友釣りですが毛バリの流し釣りや、ドブ釣り、エサ釣り、コロガシ釣りなどでも釣る事ができます。

今はちょうどシーズンのアユ釣りはチャンスですから週末にでもチャレンジしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする