オオクチバスを練習台に | フィッシングトラベラー

オオクチバスを練習台に

琵琶湖で繁殖し問題となっているオオクチバスは、スズキ(ハネ)のエビ撒き釣りやツバスなどの呑ませ釣りの練習台にぴったりです。

オオクチバスは魚食性の強い魚ですが、シラサエビなどの生きエビが非常に好きです。

そのため、シラサエビを使ったエビ撒き釣りを琵琶湖で行うと大変よく釣れます。

オオクチバスはスズキに似たところがあり、アタリやあわせを入れるタイミングが似ています。

呑ませ釣りについては、エサとしてブルーギルなどの生き魚を用います。

仕掛けは、ツバスやハマチ狙いの仕掛けで行くと間違いありません。

針のサイズだけエサに合わせればよいでしょう。

タモ網も海で使うような柄が長い、または柄の伸びるタイプを用意しておけば安心です。

これらの釣り方はゴボウ抜きをするには少ししんどいサイズも掛ります。

特に呑ませ釣りはエサのサイズでオオクチバスのサイズも変わるので注意が必要です。

エビ撒き釣りは、10cmに満たない様な小さなものから50cmを超える大きなものまで釣れます。

また、エビ撒き釣りの場合、エサのサイズと釣れる魚の大きさにはあまり関係がありません。

普段海に行けないような人は、いざ海でエビ撒き釣りや呑ませ釣りをした際に失敗しないよう、オオクチバスを練習台として利用すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする