天草 宮田港でのバリ釣り | フィッシングトラベラー

天草 宮田港でのバリ釣り

夏場から秋口にかけて、上天草の宮田港にバリ釣りに行きました。

ここの場所はチヌ釣りで行くことが多いのですが、この夏場からの暑い時期はバリに邪魔されることが多く、逆にバリを釣ってやろうということになりました。

朝方より夕まずめの方がバリがかかることが多いのですが、チヌやメジナあるいは鯛がくればということで朝5時頃家を出発して、途中釣具屋さんでえさを調達して2時間くらいで着きました。

えさはツケエが、オキアミ、コーン。

そして撒き餌が、クロ用集魚剤のにんにく入りそしてパン粉、オキアミ一角、赤アミ二角を購入し、現地でパサパサになるように水を少なめに入れて混ぜ、最初に潮のよれているところや潮目に撒き一時間くらいかけて寄せます。

そして棒浮きの一号に水中うき一号針をチヌ針3号ハリスを2号を使います。

道糸を3号で磯竿1号、リールは2500番クラスを使います。

なるだけハリスを張るようにガン玉を打ちます。バリはあたりが小さくとるのが難しいです。

場所は恵比寿さん像から南側を釣り座を構えました。

3投目くらいで30cmくらいのチヌが釣れ、それからバタバタと2~3釣れた後まったくあたりがなく、昼過ぎから夕方にかけて4~5匹30cmくらいのバリが釣れました。

引きがコンコンとたたくように引くのが特徴です。

そして気温が一番高いときと潮が引き気味のとき釣れました。

このあと何度か通いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする