バスフィッシングで大物釣るなら、この時間帯にしぼろう! | フィッシングトラベラー

バスフィッシングで大物釣るなら、この時間帯にしぼろう!

湖沼釣りの代表的なバスフィッシングの特徴は、手軽に誰にでも楽しめることと集中しやすいゲーム感覚でできるスポーツということですね。

釣れる魚はブラックバスが主になります。大物狙いにぴったりな魚です。

外来種のため、場所によって害魚と認定することもあるので、釣れる場所を確認しましょう。

大物を釣りたい方にとってよいポイントは釣る時間帯です。

釣れるポイント・必釣法を書きましたので、参考にしてみて下さい。

[朝]1番釣れるタイミングです。太陽が昇り始める頃とバスの食事タイムが同じになります。
陸から釣れる可能性もあるので、狙いやすい時間です。カギはバスのエサです。ベイトフィッシュがおすすめします。

[昼]活溌に動く時間帯ではありません。バスが潜んでいる場所に直接ルアーを送り込めるといいでしょう。ジェードと呼ばれる影の部分です。
日中はジェードの方法でやってみて下さい。夏場・冬場では、水が排出し、水温が一定保たれている場所がバス狙いです。

[夕方]この時間帯も釣れるタイミングです。大きいバスが狙えます。ここではルアーはもちろん、ベイトフィッシュの有無がキーになります。
水中にいるエビやハゼ・カニが釣れるかもしれません。

[夜]陽も暮れ、人も少なくなり、とても、静かな時間帯です。集中できる立場になりやすいでしょう。ただ、安全に最も注意しなければなりません。バスはエサを求めて、ゆらりと動くことがよくみられるそうです。
結構時間帯によってバスの動きも変化するので、それを狙って安全に釣りましょう。事故予防に必ずライフジャケット・帽子等、着用して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする