アジの泳がせ釣りには、よくイカとかタコがかかるんです。 | フィッシングトラベラー

アジの泳がせ釣りには、よくイカとかタコがかかるんです。

日本海側の各漁港では、夏になるとアジ子が入れ食いになります。

煮ても焼いても食えないような二束三文のアジです。

唐揚げにして食べるにはゼイゴを取るのが面倒で、かつボリュームがないのです。

焼いて食べるなど小さすぎて駄目です。

だから、エサにします。カニ釣りの餌にします。泳がせ釣りの餌にします。

平目、マゴチ、キジハタ、フクラギなど納得できる魚が釣れます。

実はこの泳がせ釣り、妙な外道が居るのです。

アオリイカは特別な仕掛けが必要であまりかかりませんが、コウイカやミズダコ、ワタリガニはよくかかるのです。

これまた、納得のできる外道です。納得のできない外道は、アカエイくらいです。

どうもいままでの経験上、ワタリガニが多い年はタコが少なく、タコの多い年はワタリガニが少ない傾向があります。

今年はタコが多く、よく釣れています。偶然、針が引っかかっただけではないのか、と思われるかもしれません。

私も、そう思っていました。だけど、釣れたタコをよく見てみました。

タコはアジに抱き着く。タコの口の方までアジを持っていく。タコがアジを食べようする。

このときタコの身に針がかかるのです。あまりにも出来すぎた理屈でタコが針にかかるのです。

タコもアジの泳がせの対象魚(魚ではないから対象ですね)にいれてもいいのではないかと思います。

さすがにタコテンヤよりも釣れる確率は低いのですが、タコテンヤでは狙えないような少し根のある場所も狙うことができます。

最近アオイソメより活きたアジの方が、納得できる魚が釣れる気がしてなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする